単勝馬券勝負日記 菊花賞編 2022/10/22

10/23 (日)のレースについて

明日は阪神競馬場で菊花賞(G1)が行われます。クラシック第3戦となるレースとなりますが、今年はダービー1着馬のドウデュースが凱旋門賞へ、2着馬イクイノックス、4着馬ダノンベルーガ、皐月賞馬ジオグリフが天皇賞(秋)へ出走してしまった関係上、メンバーの手薄感は否めませんが、意外な長距離巧者が誕生するかもしれない面白いレースではあります。

菊花賞(G1) の予想

◎ボルドグフーシュを本命で2週間前から決めていました(適正評価★★★★★)。前走の神戸新聞杯は、権利を取らないと本番出られない可能性があったところを、きっちり3着で権利を獲得してくれましたが、直線で距離ロスの多い外を回してのものでしたので、強い競馬をしたのは間違いないと思えます。阪神2400mを勝利している実績もありますので、コースは問題無いですし、長めの距離を使われてきた馬ですので、距離も持つと思います。そして何と言っても菊花賞のベスト枠を引き当てた幸運も持っていますので、なんとか出遅れずにスタートを決め、好走して欲しいと思っています。

○ヴェローナシチーを対抗で考えています(適正評価★★★★★)。当馬も前走の神戸新聞杯では、直線で外の進路を走って5着に来ている馬でして、考えは本命馬と同様です。わりと堅実で位置取りの融通も効きそうであり、今回の距離・コースでも大負けはしない馬だと思うのですが、今回は川田騎手が騎乗となりますので、もしかしたら合ってしまい激走の可能性もあるかもしれないと思っています。

▲アスクビクターモア(適正評価★★★)。皐月賞5着、ダービー3着の実績は今回のメンバーでは断然と思いますし、前走のセントライト記念も叩きの仕上げだったと思うのですが、それでも接戦の2着には来れていますので立派だったと思います。今回は皐月賞馬、ダービー馬も不在であり、G1勝利する絶好のチャンスだと思うのですが、初遠征と外めの枠というのは気になる点であり、取りこぼしの危険性はあると思いましたので、現時点では3番手で考えています。

△ガイアフォース(適正評価★★)。前走のセントライト記念はアスクビクターモアを撃破して勝利しており、一気に1番人気候補にまでのし上がった夏の上がり馬です。新馬戦ではドウデュースとフェーングロッテンと対決しており、今ではハイレベルな新馬戦だったと分かるのですが、ドウデュースからクビ差の2着だったことを考えても、素質の高い馬なのは間違いないと思います。ただし、やはり2走前のレコード勝ちの圧勝劇が今回の菊花賞とは合わなそうな点が気になってしまい、評価を落とすことにしました。

5番手以下の評価は、上の競馬ブログランキングのバナーのサイトの「今週の重賞 ブロガー予想印」に印(△1~3)を乗せています。

今のところ、馬券は◎の単勝、複勝を中心に勝負しようと考えています。当日は前日とは全然違った馬券の買い目になっていることが多いので、いちおう直前の買い目はウマスマというSNSサイトに投稿していますので、そちらもご参考にいただけましたら幸いです。

競馬ファンが集まる無料の競馬予想SNS【ウマスマ】のサイト

(適正評価とは、今回のレースとの相性を表現したものとなります。★(小)~★★★★★(大)で表現しています。あくまで個人的な見解によるものとなります。

10/23 (日) の勝負レース

明日は以下のレースを中心に単勝馬券を購入しようと考えております。下記を勝負候補レースとし、当日のパドック等を見て、最終的に勝負しようと思っています。勝負度合いが高めのレースが候補になりやすいレースとなります。詳しくは「基本方針」をご参照願います。

10/23の勝負レース

<馬番 / 騎手単回率 / 適正 / 勝負度合い>

・ 東京 7 R 7 番 キャリックアリード
       戸崎圭太 105% / C / 中
・ 東京 9 R 5 番 シンシアウィッシュ
       M.デムーロ 158% / A / 高

・ 東京 9 R 4 番 ルージュエヴァイユ
       戸崎圭太 79% / B / 低
・ 東京 10 R 3 番 ラーグルフ
       戸崎圭太 79% / A / 高

・ 阪神 8 R 4 番 コパノハンプトン
       岩田康誠 153% / A / 低
・ 阪神 10 R 4 番 コスタボニータ
       藤岡康太 100% / B / 中
・ 阪神 12 R 8 番 ジレトール
       川田将雅 113% / D / 中
・ 新潟 6 R 5 番 ロマンシングブルー
       西村淳也 157% / A / 中
・ 新潟 7 R 10 番 オンザダブル
       団野大成 240% / C / 低

東京9Rの5番シンシアウィッシュは、前走は後続を突き放して勝利しており、素質の高さを見せてくれました。オークス6着馬のルージュエヴァイユの存在は脅威ですが、東京2000mであれば、フローラSで先着した経験もありますし、なんとか押し切るチャンスはあると思っています。

東京10Rの3番ラーグルフですが、2走前のレースでは瞬発力があるところも見せておりますし、今回のメンバー相手では、G1の3着の実績も貫録があります。馬群に包まれると何とも言えない鞍上は少し気になるところですが、今回は頭数も多くは無いですし、なんとか捌いて欲しいと思っています。

上記2レースは、優先的に単勝勝負を検討したいと思います。

その他の気になるレース

・東京11R ブラジルC(L) ダ2100m キスラー

東京ダート2100mを2連勝中であり、得意としている馬です。今回は重賞レースで戦ってきた馬達が相手になりますし、菊花賞の裏開催になってしまう関係上、乗り替わりを余儀なくされたところはありますが、3連勝のチャンスはあると思っています。初ダートのレクセランスの走りにも注目しています。

次回に続く・・・