単勝馬券勝負日記 富士S編 2022/10/21

メイン重賞について

明日は東京競馬場で富士ステークス(G2)があります。2年前にG2に昇格し、出走メンバーレベルも爆上がり中の熱いG2レースの1つです。今年はNHKマイルCの覇者ダノンスコーピオン、3歳で安田記念4着のセリフォスも出走し、有力な3歳馬2頭の走りに注目が集まることと思われます。とても楽しみです!

富士S (G2) の予想

◎タイムトゥヘヴンを本命で考えています(適正評価★★★★★)。中山コースで好成績の印象のある馬ですが、昨年の当レースの3着馬であり、2走前の京王杯スプリングCでも勝ったメイケイエールから0.2秒差の3着に来れている点も考えますと、むしろ東京コースの方が合っていそうな気までしています。前走のエプソムCは負けてしまいましたが、先頭から着差は少ない5着ですし、今回は200m短くなりますので、距離短縮もプラスに働くと思います。さらに福永騎手を確保している点を考えましても、今回は勝負気配は高いとみて、本命候補で検討しています。

○セリフォスを対抗で考えています(適正評価★★★★)。デビューから徹底して1600m戦を使い続けており、大きく負けたことの無い堅実な馬です。2走前のNHKマイルCは状態もあまり良くないと言われており、直線でもあまり伸びない内を通っても4着は確保していましたし、前走の安田記念は勝ったソングラインから0.1秒差の4着に来ている点を考えましても、世代屈指のマイラーとなる素質を持っている馬なのは間違いないと思います。現時点では対抗評価で考えていますが、当日は本命評価としているかもしれないです。

▲エアロロノア(適正評価★★★★)。前走の安田記念は自信初となる東京コースでの出走でしたが、勝ち馬から0.2秒差の7着には来れているので、G1だったという点を考えましても、善戦できた方だと思っています。今回は2戦目となりますが、上がりの早い決着に向いている馬だと思いますし、それほど人気にもならない馬だと思いますので、狙ってみても面白いと思っています。

4番手以下の評価は、上の競馬ブログランキングのバナーのサイトの「重賞 ブロガー予想印」に印(★と△1~3)を乗せています。

今のところ、馬券は◎の単勝・複勝か◎○軸の3連複あたりを中心に勝負しようと考えています。当日は前日とは全然違った馬券の買い目になっていることが多いので、いちおう直前の買い目はウマスマというSNSサイトに投稿していますので、そちらもご参考にいただけましたら幸いです。

競馬ファンが集まる無料の競馬予想SNS【ウマスマ】のサイト

(適正評価とは、今回のレースとの相性を表現したものとなります。★(小)~★★★★★(大)で表現しています。あくまで個人的な見解による評価となります。)

10/22 (土) のレースについて

明日は以下のレースを中心に単勝馬券を購入しようと考えております。下記を勝負候補レースとし、当日のパドック等を見て、最終的に勝負しようと思っています。勝負度合いが高めのレースが候補になりやすいレースとなります。詳しくは「基本方針」をご参照願います。

10/22の勝負レース

<馬番 / 騎手単回率 / 適正 /勝負度合い>

・ 東京 1 R 11 番 シュヴァルツリーベ
       松山弘平 190% / D / 低
・ 東京 12 R 2 番 カヨウネンカ
       菅原明良 120% / C / 低
・ 阪神 2 R 3 番 ルーフ
       坂井瑠星 110% / A / 中
・ 阪神 8 R 4 番 ワンダーウィルク
       和田竜二 70% / D /
・ 阪神 9 R 8 番 ハイエンド
       坂井瑠星 115% / A / 高

・ 阪神 10 R 9 番 レッドバリエンテ
       和田竜二 152% / A / 中
・ 新潟 9 R 15 番 ダノンジャッカル
       西村淳也 198% / A / 低

阪神9Rの8番ハイエンドは、阪神コースは2-1-0-0と相性が良く、前走も2着馬を9馬身離して圧勝しています。使い詰めている感じな点と、同じく阪神コースが得意そうなシルバーエースの存在などは気になりますが、前走ほど走れれば昇級初戦でも能力が通用しておかしくないと思っていますので、積極的に勝負したいと思っています。

上記の1レースは優先して単勝勝負を検討したいと思います 。

その他の気になるレース

・東京9R アイビーS 芝1800m チャンスザローゼス

セレクトセール2.2億円の高額馬であり、注目している人も多い馬だと思いますが、前走は1頭だけ能力の違う脚で前の全頭を一気に抜き去って圧勝しました。例年はハイレベルなメンバーの集まりやすいレースであり、2016年のソウルスターリング、2018年のクロノジェネシス、昨年のドウデュースなど、後の大物も良く生まれるレースでもありますが、今年はわりと手薄な感じもありますので、名前にも入っているとおり、勝てるチャンスもあると思っています。あと、ディープインパクト産駒のオープンファイアにも注目しています。

次回に続く・・・