単勝馬券勝負日記 2022/7/29 関越S編

メイン重賞について

先週は休んでしまい、大変申し訳ございませんでした。出資馬ラパンラピッドが福島競馬場の新馬戦に出走しましたので、現地に観戦に行っていたのですが、無事に勝利してくれて良かったです。前半1000mが1.06.8の超どスローであり、4角ではコマチザクラが逸走、ゴール付近ではウェンスが斜行といろいろと問題のあったレースとはなりましたが、クラブ馬の未勝利脱出の1勝の価値は凄く大きいので、ホッとしました。8/7(日)の新潟4R 芝2,000mの3歳未勝利戦には、出資馬リヴィアが出走予定ですが、未勝利脱出を賭けた崖っぷちの大一番ですので、新潟競馬場はかなり遠いですが、やはり現地応援に赴かなければならないと思い、遠征を計画中です。

明日は重賞レースがありませんので、新潟11Rの関越ステークスを予想しようと思います。

関越S (オープン) の予想

◎グレートマジシャンを本命に考えています(適正評価★★★★)。2走前の毎日杯では1着馬シャフリヤールとタイム差無しの2着、前走の日本ダービーでは0.2秒差の4着と、世代トップレベルと差の少ないレースをしてきており、実績的には今回のメンバーで1つも2つも抜けています。左回りの直線の長いコースは、当然得意としていると思われますし、1年2ヵ月ぶりのレースとはいえ、やはり能力の高さを考えると、この馬を本命にせざるを得ないと思っています。

○グラティアスを対抗で考えています(適正評価★★)。この馬も本命馬ほどでは無いですが、高い能力を持っており、軽視はできないと思います。新潟コースは初となりますが、4走前の白富士Sでは似たコースとなる東京コースにて、なかなかの強豪メンバー相手に3着に来れており、今回も好走できるかもしれないと思っています。

▲モンブランテソーロ△ヴァンランディ、☆キングストンボーイの順で考えておりますが、モンブランテソーロは新潟コースが0-1-1-1、東京コースが2-1-1-1と左回りの広いコースは比較的好走できて、1800mの距離相性も高い馬ですので、気になってはいます。

馬券の買い目は◎の単勝あたりを検討していますが、本命馬の馬体重やパドック等を見て購入有無は判断しようと思っています。

(適正評価とは、今回のレースとの相性を表現したものとなります。★(小)~★★★★★(大)で表現しています。あくまで個人的な見解による評価となります。)

7/30 (土) のレースについて

明日は以下のレースを中心に単勝馬券を購入しようと考えております。下記を勝負候補レースとし、当日のパドック等を見て、最終的に勝負しようと思っています。勝負度合いが高めのレースが候補になりやすいレースとなります。詳しくは「基本方針」をご参照願います。

7/30の勝負レース

<馬番 / 騎手単回率 / 適正 /勝負度合い>

・ 新潟 1 R 3 番 シルヴァーデューク
       福永祐一 110% / D / 低
・ 新潟 7 R 13 番 トーセンクライスト
       田中勝春 320% / A / 低
・ 札幌 2 R 3 番 ジューンポンポン
       鮫島克駿 290% / D / 中
・ 札幌 3 R 9 番 ヴァンガーズハート
       横山武史 165% / D / 低
・ 札幌 4 R 6 番 レディベル
       池添謙一 150% / D / 高
・ 札幌 6 R 4 番 シャノワール
       丹内祐次 150% / C / 高

・ 札幌 8 R 8 番 デインティハート
       横山武史 165% / C / 低

札幌4Rの6番レディベルはレースごとにダートコースに慣れてきているように見えますし、そろそろ勝ち上がれそうな気がしています。相手は同型のキングクーだと思いますが、池添騎手への乗り替わりは本気で勝ちに来ているとみて、積極的に勝負したいと思っています。

札幌6Rの4番シャノワールですが、3戦続けて2着と惜しい競馬が続いておりまして、今回の相手メンバーを考えましても、今回こそは勝ち上がりのチャンスは高いと思います。こちらも積極的に勝負したいと思っています。

上記の2レースは優先して単勝勝負を検討したいと思います 。

その他の気になるレース

・新潟2R 3歳未勝利 芝1800m チェルノボーグ

5戦5連帯中ですが、まさかここまで勝ち切れないでいるとは思えなかった馬です。詰めが甘い馬ですので、今回も勝ち切れない不安もありますが、新潟コースは合っていそうに思えますので、無事に勝利してくれるのでは、と期待しています。

・新潟5R 2歳新馬 芝1600m リバティアイランド

POGでも人気の高そうな馬ですが、今週の調教ではラスト2F22.4-1F11.1と、新潟コースの新馬戦を勝ち上がってきそうな牝馬の雰囲気を漂わせまくっている気がしています。どのような走りをしてくれるか注目しています。

次回に続く・・・