単勝馬券勝負日記 2022/7/2 ラジオN賞編

7/3 (日)のレースについて

明日は福島11RにラジオNIKKEI賞(G3)、小倉11RにCBC賞(G3)があります。ラジオNIKKEI賞は、ダービーに出れなかった馬たちのリベンジ戦とも取れる重賞レースとなりますが、今年も波乱のありそうなメンバーが集まったように思えます。CBC賞はサマースプリントシリーズ第2戦となりますが、開幕週の小倉開催に行われますので、今年もハイペースのスピード決着必至です。どちらも予想は難儀しそうです。

ラジオNIKKEI賞(G3) の予想

◎ボーンディスウェイを本命で考えています(適正評価★★★)。福島と似ている中山コースで2勝していますし、弥生賞でのアスクビクターモアから0.1秒差の3着も、今回のメンバーの中では価値がある実績と思います。今回のメンバーを考えると人気は出る馬と思いますが、コースへの適正が高そうな点より、この馬を本命に推したいと思っています。

○ゴーゴーユタカを対抗で考えています(適正評価★★★★)。デビューより4戦続けて中山コースに出走しており、2着、1着、2着、1着と崩れてもいません。本当はこの馬を本命にしたかったのですが、距離延長組がなかなか勝てない点や、大外枠に入ってしまったこともあり、条件的には厳しいように思えましたので、良くて対抗評価のように思っています。

▲フェーングロッテン△ベジャール☆サトノヘリオスの順で考えておりますが、フェーングロッテンは前走の白百合Sでヴェローナシチーに勝利しており、重賞でも通用しそうな能力を持っているところを見せていますので、今回も善戦するかもしれないと思っています。

今のところ、馬券は◎の単勝か、◎○のワイドを中心に勝負しようと考えています。いちおう直前の買い目はウマスマというSNSサイトに投稿する予定ですので、そちらもご参考にいただけましたら幸いです。

競馬ファンが集まる無料の競馬予想SNS【ウマスマ】

CBC賞(G3) の予想

◎テイエムスパーダを本命に考えています(適正評価★★★)。小倉コースは3戦していて、2-1-0-0と相性の良さそうなコースと思われますし、脚質的にも開幕週の馬場は合っていそうに思えます。強豪のファストフォースが大外枠に入ってしまったことに対し、こちらは良い枠に入った点、軽斤量48kgの点も有利ではあります。新人の今村騎手が重賞レース初騎乗ということで、どのようなレースをするかというのも楽しみにしています。

○アネゴハダを対抗で考えています(適正評価★★)。こちらも本命馬と同様、軽斤量49kgで内枠に入れた点が有利と考えています。ただし、小倉開幕週の1200m戦であれば、本命馬の方が向いていそうに思えますので、こちらは対抗評価にしようと思っています。

▲ファストフォース△アンコールブリュ☆タマモティータイムの順で考えておりますが、ファストフォースは昨年の勝ち馬ではあり、本コースへの適正は高いと思われますが、大外枠に入ってしまった点が少し厳しいと感じておりますので、少し評価を落としてみました。

今のところ、馬券は◎の単勝か複勝を中心に勝負しようと考えています。

(適正評価とは、今回のレースとの相性を表現したものとなります。★(小)~★★★★★(大)で表現しています。あくまで個人的な見解によるものとなります。)

7/3 (日) の勝負レース

明日は以下のレースを中心に単勝馬券を購入しようと考えております。下記を勝負候補レースとし、当日のパドック等を見て、最終的に勝負しようと思っています。勝負度合いが高めのレースが候補になりやすいレースとなります。詳しくは「基本方針」をご参照願います。

7/3の勝負レース

<馬番 / 騎手単回率 / 適正 / 勝負度合い>

・ 小倉 9 R 2 番 ガイアフォース
       松山弘平 131% / A / 高

・ 小倉 9 R 10 番 ミスターホワイト
       福永祐一 105% / A / 低
・ 小倉 10 R 9 番 ディパッセ
       川田将雅 109% / B / 中
・ 函館 2 R 11 番 オーブラック
       丹内祐次 113% / B / 低
・ 函館 3 R 7 番 キタノセレナード
       吉田隼人 93% / D / 高

・ 函館 4 R 3 番 ダイヤモンドフジ
       横山武史 131% / C / 中

函館3Rの7番キタノセレナードは、前走は相手が悪かったような負け方でしたが、前めの位置に付けてレースできたことが収穫だったように思えます。前走のようなレースが出来れば、今回のメンバー相手では問題無く勝ち切れる能力はあると思っていますので、期待しています。

小倉9Rの2番ガイアフォースですが、新馬戦ではドウデュースに0.1秒差の2着の実績があり、1勝クラスに出走する馬では無いと思います。ミスターホワイト、アルファヒディあたりの能力が高いのか?そうでも無いのか? という良く分からないところはありますが、新馬戦と同じ小倉コースでの出走となれば、やはり勝つのは、この馬と思っています。

上記2レースは、優先的に単勝勝負を検討したいと思います。

7/2 (土)の結果

本日のメインレースの結果

本日は重賞レースがありませんでした。

また、小倉11Rの九州スポーツ杯は注目していたレースでしたが、◎テーオーラフィットが11着でした。馬体重が+16kgで不安でしたので、馬券は買わなかったのが不幸中の幸いでしたが、ここまで大負けするとは思いませんでした。残念です。

購入した勝負レース

7/3のレースと纏めて、7/4の記事でご紹介したいと思います。今日の勝負レースは3戦1勝で回収率53%と残念な結果でした。明日こそは頑張りたいと思います。

次回に続く・・・