単勝馬券勝負日記 2022/7/1 九州SP杯編

メイン重賞について

明日は重賞レースがありませんので、小倉11Rの九州スポーツ杯を予想しようと思います。今週より、本格的な夏競馬が始まり、ローカル3会場開催となりますので、俄然、予想が難しくなりそうですが、暑さにも負けずに頑張りたいところです。

九州スポーツ杯 (3勝クラス) の予想

◎テーオーラフィットを本命に考えています(適正評価★★★)。ダート出走経験は1走のみとなりますが、勝利していますので、走れないことは無いと思います。また、3勝クラスではイルーシヴパンサーやジェラルディーナらの重賞好走馬を相手にして走っていますし、前走はG2戦にも出走しており、実績面だけを考えるとメンバー中で断然の経験値があります。久々のダート戦ですし、ラボエームは強そうですが、対抗できる可能性がある馬はこの馬ぐらいと思っています。

○ラボエームを対抗で考えています(適正評価★★★★)。JRAレースでの2勝は共に小倉1700mであり、今回は最も得意としているコースでの出走となります。前走も2着と善戦していますし、勝利に1番近い馬のように思えますが、本命馬の方が面白いとは思っています。

▲メイショウヨカゼ△メガゴールド、☆ギブミーラブの順で考えておりますが、メイショウヨカゼも当コースの勝ち経験がある馬ですが、能力的には勝ちまでは難しいように感じています。

馬券の買い目は◎の単・複、あるいは◎○の馬連・ワイドあたりを検討していますが、馬券の購入は、パドック等を見て判断しようと思っています。

(適正評価とは、今回のレースとの相性を表現したものとなります。★(小)~★★★★★(大)で表現しています。あくまで個人的な見解による評価となります。)

7/2 (土) のレースについて

明日は以下のレースを中心に単勝馬券を購入しようと考えております。下記を勝負候補レースとし、当日のパドック等を見て、最終的に勝負しようと思っています。勝負度合いが高めのレースが候補になりやすいレースとなります。詳しくは「基本方針」をご参照願います。

7/2の勝負レース

<馬番 / 騎手単回率 / 適正 /勝負度合い>

・ 福島 3 R 8 番 サラフィエル
       菊沢一樹 210% / D / 低
・ 福島 12 R 1 番 サクセスミノル
       津村明秀 165% / B / 低
・ 小倉 3 R 12 番 マメコ
       富田暁 150% / B / 低
・ 小倉 4 R 5 番 ウォーターレクラ
       和田竜二 110% / A / 高

・ 小倉 8 R 1 番 ダイシンビヨンド
       松若風馬 155% / A / 低
・ 函館 1 R 4 番 ブルジュドバイ
       武豊 145% / C / 中
・ 函館 2 R 1 番 タロファイター
       吉田隼人 93% / D / 中

小倉4Rの5番ウォーターレクラは惜しい着順が続いていますが、今回は勝てる順番が来たような気がしています。脚質的にも小倉コースは合っていそうですし、今回は逃げれて自分のペースに持ち込めそうなメンバーのように思えます。相手としてはカイザーあたりが名前的にも強敵に思えますが、和田騎手の上手い逃げ切りに期待しています。

上記の1レースは優先して単勝勝負を検討したいと思います 。

その他の気になるレース

・福島9R 開成山特別 芝2600m グランシエロ

昨年のアイビーSではドウデュースとタイム差無しの2着、前走の青葉賞(G2)ではプラダリアから0.4秒差の4着と善戦しており、能力的には1勝クラスに出走してくる馬では無く、ラジオNIKKEI賞に出てきてもおかしくないと思っています。初の右回りコースとなり、小回りコースで好走できるイメージはかなり沸かないですが、今回は長距離となりますので、長く脚が使えれば何とかなりそうに思えます。三浦騎手の回収率が低くなければ、勝負レースに加えたかった1戦です。

・福島10R 松島特別 芝1800m サンカルパ

2走前はオークスでもそこそこ人気していたルージュエヴァイユとタイム差無しの2着、前走は2着に4馬身差を付ける圧勝で勝利しており、能力があるところを見せています。近走は中山コースで好成績を残していることから、右回りの小回りコースは得意としているように見受けられますので、今回の福島コースも向いていると思います。津村騎手の回収率が低くなければ、勝負レースに加えたかった1戦です。

次回に続く・・・