単勝馬券勝負日記 2022/6/24 天保山S編

メイン重賞について

明日は重賞レースがありませんので、阪神11Rの天保山ステークスを予想しようと思います。今回の阪神開催、東京開催は今週で終わりですので、慎重に予想して、当てにいきたいところです。

天保山S (OP) の予想

◎グレートウォリアーを本命に考えています(適正評価★★★★★)。前走の天王山Sは11ヵ月の長期休み明けで馬体重も+20kgでの出走だったわりに、0.6秒差の7着とそこそこの走りはできており、叩きのレースだったように思えます。今回は200m伸びる1400mというのも条件は良くなると思いますし、前走以上の走りは確実と思いますので、今回のメンバーであれば、馬券圏内の可能性もあると考え、現時点では本命候補にしようと思っています。

○サダムスキャットを対抗で考えています(適正評価★★★★)。前走の天王山Sで0.2秒差の3着でしたが、1400m戦でも問題無い馬ですし、走りなれた阪神コースであれば好走できておかしくない馬ですので、こちらもチャンス有る馬と思っています。

▲タガノビューティー△ヴァニラアイス、☆シゲルタイタンの順で考えておりますが、タガノビューティーは能力は他メンバーと比べ、一枚上と思いますが、阪神コースでは3着が精一杯であり、今回も斤量58kgを背負うことを考えると、今回も勝ちまでは厳しいようには感じます。

馬券の買い目は◎の複勝、もしくは◎から印の馬への馬連、ワイドあたりを検討していますが、馬券の購入は、パドック等を見て判断しようと思っています。

(適正評価とは、今回のレースとの相性を表現したものとなります。★(小)~★★★★★(大)で表現しています。あくまで個人的な見解による評価となります。)

6/18 (土) のレースについて

明日は以下のレースを中心に単勝馬券を購入しようと考えております。下記を勝負候補レースとし、当日のパドック等を見て、最終的に勝負しようと思っています。勝負度合いが高めのレースが候補になりやすいレースとなります。詳しくは「基本方針」をご参照願います。

6/18の勝負レース

<馬番 / 騎手単回率 / 適正 /勝負度合い>

・ 東京 1 R 8 番 スズカダブル
       レーン 91% / B / 中

・ 東京 6 R 6 番 カーペンタリア
       レーン 91% / D / 高

・ 東京 7 R 7 番 ベルカノア
       武藤雅 110% / A / 低
・ 東京 9 R 13 番 レオノーレ
       川田将雅 93% / A / 中
・ 東京 10 R 1 番 モズリッキー
       川田将雅 124% / A / 中
・ 阪神 9 R 5 番 ヒミノフラッシュ
       富田暁 100% / A / 低
・ 函館 6 R 8 番 ヴァンデスト
       丹内祐次 400% / C / 低
・ 函館 8 R 6 番 トータルリコール
       西塚洸二 180% / A / 中
・ 函館 10 R 3 番 ビジン
       池添謙一 122% / D / 中

東京6Rの6番カーペンタリアは、筆者の出資馬となります。この馬は骨折による長期休み明けとなりまして、復帰までに時間がかかってしまいましたが、関係者のなんとか東京開催に間に合わせよう調整してくれる努力もあり、復帰を遂げることが出来ました。新馬戦は走破タイムこそ遅めですが、1着馬ドゥラドーレスは2勝、2着馬ベストフィーリングもすでに勝ち上がっており、能力が通用しそう面は見せております。また、残り少ない未勝利戦であるにも関わらず、6/26の牝馬限定戦の東京芝1600m戦への出走も可能だったと思うのですが、牡馬混合戦の方に出走してくる点を考えましても、陣営側も勝ち上がれる自信有りと思えますし、調教も良さそうに見えました。ここは負けられない1戦ですので、なんとしても勝ち上がって欲しいと願っています。

上記の1レースは優先して単勝勝負を検討したいと思います 。

その他の気になるレース

・東京5R 2歳新馬戦 芝1800m レッドディライト

昨年はジオグリフが勝利している出世レースに選ばれやすい新馬戦ですが、今年のルメール騎手とタッグを組むのはこの馬となるようです。最大のライバルとなりそうだったブラストウェーブが、まさかの抽選除外となってしまったこともあり、もはや勝ちは約束されたようなものなのかもしれませんが、初戦勝ちを決めてくれるのか、とても注目しています。

次回に続く・・・