単勝馬券勝負日記 2022/5/6京都新聞杯編

メイン重賞について

明日は中京競馬場では京都新聞杯(G2)があります。ダービーのトライアルレースでは無いですが、ここを勝利してダービーを狙いに来る馬がほとんどですので、ダービーを見据える意味でも注目の一戦です。

京都新聞杯 (G2) の予想

◎ポッドボレットを本命に考えています(適正評価★★★★)。近2走は青葉賞1番人気馬のレヴァンジルと差の無い競馬をしており、前走は勝利しています。能力はある馬と思いますが、レヴァンジルが青葉賞を負けてしまった点とブラックブロッサムの前走の圧勝劇から、この馬の人気が落ちるような気もしており、面白いと思っています。大外枠に入ってしまった点は少し嫌ですが、スタートが決まって前めに付けることができれば、開幕週の馬場も後押しして、押し切れるような気もしており、妙味的な点も考慮して、この馬を本命に推したいと思っています。

○ブラックブロッサムを対抗で考えています(適正評価★★★)。前走の大寒桜賞は2着に1.3秒差を付ける圧勝であり、無敗馬という未知の魅力もある馬です。前走よりもメンバーは強くなりますが、走り慣れた中京コースであれば、今回も圧勝まであるかもしれないと思っています。ただし、強い相手と戦っていない点と、かなりの人気を背負いそうな点から、こちらは対抗評価にしようと思っています。

▲ヴェローナシチー△ボルドグフーシュ、☆リアドの順で考えておりますが、ヴェローナシチーは大敗の無い堅実な馬でして、今回も馬券圏内に食い込んできそうな可能性のある、気になる1頭ではあります。

今のところの馬券の買い目は◎の単勝か複勝をメインに勝負しようと考えております。当日は前日とは全然違った馬券の買い目になっていることが多いので、いちおう直前の買い目はウマスマというSNSサイトに投稿していますので、そちらもご参考にいただけましたら幸いです。(Twitterに投稿することもあります^^)

競馬ファンが集まる無料の競馬予想SNS【ウマスマ】

(適正評価とは、今回のレースとの相性を表現したものとなります。★(小)~★★★★★(大)で表現しています。あくまで個人的な見解による評価となります。)

5/7 (土) のレースについて

明日は以下のレースを中心に単勝馬券を購入しようと考えております。下記を勝負候補レースとし、当日のパドック等を見て、最終的に勝負しようと思っています。勝負度合いが高めのレースが候補になりやすいレースとなります。詳しくは「基本方針」をご参照願います。

5/7の勝負レース

<馬番 / 騎手単回率 / 適正 /勝負度合い>

・東京9R 6番/武豊110%/A/高

・中京3R 3番/川田将雅95%/D/

・中京8R 2番/藤岡康太94%/B/

     5番/松山弘平102%/C/

東京9Rの6番ワンデイモアは、当クラスを勝ち切れずにいますが、今回はだいぶメンバーレベルが落ちそうですので、勝機有りとみています。注目されていた高額馬シテフローラル辺りが相手と考えていますが、おそらく問題無いとは思っています。

上記の1レースは優先して単勝勝負を検討したいと思います 。

その他の気になるレース

・中京6R 3歳1勝クラス 芝1600m ジュンブロッサム

NHKマイルCから除外となった馬が、こちらに出走してきており、何気にレベルが高そうなメンバーが揃った面白そうなレースになりそうです。前走、アーリントンCで掲示板を確保したジュンブロッサムとディオの一騎打ちとみていますが、ジュンブロッサムは前走の上がり3Fは33.3であり、勝ったダノンスコーピオンよりも早い上がりを出しています。さらに、デビューして3戦は東京コースで好走していて、左回りコースも問題は有りません。対するディオは前走は内で揉まれて力を出せなかった点はあるものの、それでも5着は立派と思います。どちらが勝つかは分かりませんが、コース適正的には、ややジュンブロッサムが有利と考えています。

・東京11R プリンシパルS 芝2000m セレシオン

ダービー出走への最後の切符となるトライアルレースとなりますが、同日に京都新聞杯もあるうえ、1着馬にしか優先出走権を獲得できないため、メンバーは手薄になりやすい傾向にあります。セレシオンは前走のすみれSは例年よりかは好メンバーだったと思いますが、その中で0.4秒差の4着に食い下がっています。先週の青葉賞で1番人気を背負ったレヴァンジル(すみれS 2着馬)が負けたのは気になりますが、青葉賞よりも明らかに手薄なメンバーとなりますので、ここでは善戦しておかしくないと思っています。

次回に続く・・・