単勝馬券勝負日記 2022/4/29青葉賞編

メイン重賞について

明日は東京競馬場では青葉賞(G2)があります。ダービーに向けての貴重なトライアルレースとなりまして、上位2着までがダービーへの優先出走権を得られるレースとなります。藤沢和雄元調教師のダービーへのステップローテとして使っていたことでも有名なレースです(シンボリクリスエス、ゼンノロブロイ、ペルーサ、ゴーフォザサミット)。今年はどの馬が優先出走権を獲得するのか、注目の一戦です。

青葉賞 (G2) の予想

◎レヴァンジルを本命に考えています(適正評価★★★★★)。今回と同コースとなる、前走のゆりかもめ賞を勝利しており、間違い無くコースへの適正が高い馬です。さらに堀厩舎+レーン騎手という東京コース仕様も実装されていますので、完全にここを目標として調整してきたことが伺えます。能力はメンバー中で最上位と思っていて、騎手・厩舎側も東京コースとの相性抜群であり、馬券圏外は考えづらいと考えますので、この馬を本命に推したいと思っています。

○グランシエロを対抗で考えています(適正評価★★★)。前走のゆりかもめ賞は勝ち馬と0.3秒差の3着でしたが、おそらく今回1番人気のレヴァンジルが相手でしたし、距離を伸ばしてパフォーマンスを落とさない点は魅力有りです。また、デビューしてから、5戦すべてが左回りコースでの出走となり、今回も慣れた東京コースという点も良いと思います。まだ、インコースを走れる先行脚質馬が優勢と思いますが、今回のメンバーであれば、前走のゆりかもめ賞とメンバーレベルとさほど変わらないと考えており、似たような競馬になれば、なんとか差しが届いておかしくないと思い、馬券圏内の可能性有りと見て、対抗候補にしたいと思っております。

▲エターナルビクトリ△ジャスティンスカイ、☆ディライトバローズの順で考えておりますが、エターナルビクトリは前走は最内枠スタートから道中後方に下げ、大外を捲って勝つという大味な競馬をして勝利しており、初出走となる東京コースにも向くようであれば、高いパフォーマンスを発揮するかもしれない、気になる1頭ではあります。

今のところの馬券の買い目は◎の単勝か◎○のワイドをメインに勝負しようと考えております。当日は前日とは全然違った馬券の買い目になっていることが多いので、いちおう直前の買い目はウマスマというSNSサイトに投稿していますので、そちらもご参考にいただけましたら幸いです。(Twitterに投稿することもあります^^)

競馬ファンが集まる無料の競馬予想SNS【ウマスマ】

(適正評価とは、今回のレースとの相性を表現したものとなります。★(小)~★★★★★(大)で表現しています。あくまで個人的な見解による評価となります。)

4/30 (土) のレースについて

明日は以下のレースを中心に単勝馬券を購入しようと考えております。下記を勝負候補レースとし、当日のパドック等を見て、最終的に勝負しようと思っています。勝負度合いが高めのレースが候補になりやすいレースとなります。詳しくは「基本方針」をご参照願います。

4/23の勝負レース

<馬番 / 騎手単回率 / 適正 /勝負度合い>

・東京7R 1番/武豊165%/B/低

・東京10R 13番/C.ルメール89%/A/高

・阪神4R 13番/松山弘平126%/C/

・阪神9R 2番/幸英明187%/B/

・阪神10R 16番/横山典弘85%/C/

・福島12R 6番/西村淳也128%/B/

東京10Rの13番カーディナルは、このクラスにいるような能力の高い馬と思われます。前走の2勝クラスの東京2000m戦は圧勝でしたが、走破タイム1.58.2はなかなか優秀と思いますし(同週の白富士Sのジャックドールが1.57.4で勝利)、2着を8馬身離しての圧勝ですので、今回も善戦間違い無しと思います。ただ、重賞3着経験のあるサトノセシルが堀厩舎+レーン騎手のコンビという、例の東京コース仕様ですので、少し不気味ではあります。

上記の1レースは優先して単勝勝負を検討したいと思います 。

その他の気になるレース

・東京1R 3歳未勝利 ダ1400m クルールデュヴァン

前走は東京コースで2着に来ていますが、直線では前にジリジリと迫るような走りであり、距離が伸びた方が良いような感じはありました。今回は100m伸びますし、何と言っても、レーン騎手が騎乗しますので、来日初戦でいきなりの勝利があってもおかしくないと思っています。

次回に続く・・・