単勝馬券勝負日記 2022/5/28 ダービー編

5/29 (日)のレースについて

明日は東京11Rに東京優駿(日本ダービー) (G1)目黒記念(G2)があります。ついに3歳馬世代の集大成となります、ダービーの季節がやってきてしまいましたが、今年は皐月賞が接戦だったこともあり、実力拮抗のメンバーとなっているように思えます。今年のメンバーを見ますと、2016年のマカヒキが勝利した年に似ているのかな、と勝手に思っています。

日本ダービー(G1) の予想

筆者のダービーに対する主観的な考察となりますが、ダービーを予想するのにあたり、考えなければならない点として、皐月賞組とトライアル組(京都新聞杯、NHKマイルCなどを含む) の比較が重要と思います。過去10年間のダービー1~3着馬の前走の出走レースを見ますと、皐月賞組が20頭、トライアル組が9頭、その他が1頭(毎日杯 シャフリヤール)となっています。30頭の前走着順の内訳は、皐月賞組(6-4-4-6)、トライアル組(6-2-0-1)、他(1-0-0-0)となっており、皐月賞組以外は、前走2着以内に来れていないと厳しいようです。注意しなければならないと思っている点として、トライアル組は前走よりもパフォーマンスを上げられる余地のある馬でないと、本番では通用しないと感じています。例えば、比較しやすい青葉賞で考えますと、青葉賞よりダービーの方が走破タイムが1~2秒程度早くなる傾向にありますが、開幕2週目に行われる青葉賞の馬場状態も考慮しますと、実際はタイム差以上に差があると思われます。他のトライアルレースも同様の考えで良いと思われますが、この辺を考慮したうえで、トライアル組の取捨選択をする必要があると思います。

次に考えたい点として、東京コースとの相性です。特に最近のダービーへの逆算ローテとして組み込まれやすい、共同通信杯(G3)は気にしたいレースの1つです。年によってレースレベルに波がありますが、共同通信杯組のダービーでの戦績は、昨年の2021年はシャフリヤール1着、エフフォーリア2着、ステラヴェローチェ3着、2019年はダノンキングリー2着、2017年はスワーヴリチャード2着、2016年はディーマジェスティ3着、2015年はドゥラメンテは1着とかなり濃い主要ローテとなっています。今年の共同通信杯組はダノンベルーガ(1着)、ジオグリフ(2着)、ビーアストニッシド(3着)の3頭が出走しますが、ダノンベルーガは皐月賞4着、ジオグリフは皐月賞1着、ビーアストニッシドはスプリングS1着と、すでに一線級で通用出来る能力は見せており、今年の共同通信杯はレベルの高いレースだったと思われますので、かなり要注意です。

ダラダラと考察を述べさせてもらいましたが、他も述べるとキリがありませんので、前置きはこの辺にします。

予想ですが、◎ダノンベルーガを本命で考えています(適正評価★★★★)。前走の皐月賞は初の右回りの小回りコース、枠の不利、余裕残しの仕上げなど、マイナス面が多くあったと思うのですが、それでも0.3秒差の4着には善戦していました。今回の東京2400mへのコース替わりは、どう考えてもプラスにしか働かないと思っています。また、2走前の共同通信杯では皐月賞馬ジオグリフを成す術無く外から抜き去って勝利しています。今回は間違いなく人気が出そうですし、なにかケチが付けられる点が無いかも考えてみましたが、もはや無駄な努力と思ってしまいましたので、これ以上、考えることを止めました。素直にこの馬を本命軸として勝負しようと思っています。

○ジオグリフを対抗にしようと考えています(適正評価★★★★)。前走は皐月賞を見事勝利しましたが、過去は喉鳴りの不安で調教を緩めていた感も感じられましたが、前走は強めに調教を行い、本気でレースに臨んだ点が良かったのかな、と思っています。今回は距離が400m伸びますが、距離が伸びてマイナスとは思いませんし、共同通信杯の時よりも仕上げて臨んできている点からも、今回はダノンベルーガと着順が逆転する可能性もあるかもしれないと思っています。筆者は考えることを止めましたので、こちらは対抗評価としますが、2冠の可能性はあると思っています。

▲プラダリア(★✕4)△ロードレゼル(★✕3)☆イクイノックス(★✕5)の順で考えておりますが、伏兵となるトライアル組として、青葉賞組の2頭を選ぶこととしました。プラダリアは今年1月デビューの馬ですが、レースごとにメキメキと力を付けているように見えますし、枠も良いので、今回はさらにフォーマンスを上げる可能性があるかもしれないと思っています。ロードレゼルは前走は前半1000mが58.9秒のレースラップを2番手で追走しつつ、2着に粘りこみましたが、1番人気馬レヴァンジルが直線で脚色が鈍かったところを見ますと、先行馬に厳しめの流れだったようにも思えます。青葉賞は中盤のペースが緩かったので、なんとも言えないところがありますが、スタミナはある馬と思っていますので、外枠スタートの不利さえなんとか出来れば、前残る可能性もあり得ると思っています。イクイノックスは思っていたよりも前走からの上積みに疑問を感じていますので、とても気になる馬ではありますが、評価を落とすことにしました。

今のところ、馬券は◎○の馬連か馬単と、◎○軸の3連系の馬券を中心に勝負しようと考えています。いちおう直前の買い目はウマスマというSNSサイトに投稿する予定ですので、そちらもご参考にいただけましたら幸いです。(Twitterに投稿することもあります^^)

競馬ファンが集まる無料の競馬予想SNS【ウマスマ】

 

目黒記念(G2) の予想

◎ベスビアナイトを本命で考えています(適正評価★★★)。デビューしてから1勝出来るまでが、かなり遅かった馬ではありますが、1勝してからは安定した戦績でオープンクラスまで勝ち上がってきています。特に長めの距離を得意としている馬ですので、坂下からスタートする今回のタフなコースでもスタミナを活かして善戦できるように思えます。斤量54kgの利も有りますし、あまり人気も無さそうですので、妙味的な考えからも、この馬を本命軸で狙ってみたいと思っています。

○ボッケリーニを対抗にしようと考えています(適正評価★★★)。前走の日経賞は距離不安に思えましたが、タイトルホルダーに0.1秒差の2着と善戦出来ており、2500mでも通用出来ていました。斤量57.5kgも問題無いと思いますが、斤量差により、本命馬の方が魅力に感じてしまいましたので、こちらは対抗評価にしようと思っています。

▲パラダイスリーフ△アリストテレス☆フライライクバードの順で考えておりますが、パラダイスリーフは屈腱炎で長期休養していなければ、今頃は重賞を勝利していてもおかしくない馬であったと思う馬です。今回は人気になりそうな点と外枠スタートの点が微妙なところですが、期待している馬ではあります。

今のところ、馬券は◎の単勝、複勝を中心に勝負しようと考えています。

(適正評価とは、今回のレースとの相性を表現したものとなります。★(小)~★★★★★(大)で表現しています。あくまで個人的な見解によるものとなります。)

5/29 (日) の勝負レース

明日は以下のレースを中心に単勝馬券を購入しようと考えております。下記を勝負候補レースとし、当日のパドック等を見て、最終的に勝負しようと思っています。勝負度合いが高めのレースが候補になりやすいレースとなります。詳しくは「基本方針」をご参照願います。

5/29の勝負レース

<馬番 / 騎手単回率 / 適正 / 勝負度合い>

・ 東京 1 R 11 番 ララエフォール
       菅原明良 130% / C / 中
・ 東京 2 R 9 番 ウインターセット
       C.ルメール 239% / D / 低
・ 東京 7 R 4 番 ディオスバリエンテ
       D.レーン 192% / C / 中
・ 東京 8 R 8 番 セントオブゴールド
       C.ルメール 186% / A / 低
・ 東京 9 R 11 番 ディアセオリー
       大野拓弥 283% / A / 低
・ 東京 10 R 16 番 ククナ
       C.ルメール 204% / A / 高

・ 中京 1 R 1 番 ワンダーウィルク
       吉田隼人 290% / C / 低
・ 中京 2 R 6 番 テーオーサンドニ
       鮫島克駿 208% / C / 高

・ 中京 7 R 1 番 ナムラボス
       藤岡康太 285% / D / 中
・ 新潟 1 R 7 番 クリーンジーニアス
       西村淳也 370% / C / 中
・ 新潟 12 R 14 番 ハイラブハンター
       松本大輝 250% / D / 低

中京2Rの6番テーオーサンドニですが、前走もこの馬で単勝勝負をしており、リベンジ勝負となります。前走は2着に負けてしまいましたが、ソクラテス騎乗の松山騎手に上手く乗られてしまった点もあった負けだったと思っています。メンバー的にも今回は抜けていると思っていますし、今度こそ勝利を期待したいです。

東京10Rの16番ククナは、重賞レースでも善戦している馬でして、このクラスにいるような馬では無いと思います。今回は得意の東京コースでの出走となりますし、さっさと条件クラスを卒業して、重賞クラスに帰ってきて欲しいと願っています。

上記2レースは、優先的に単勝勝負を検討したいと思います。

5/28 (土)の結果

本日のメインレースの結果

本日は中京11Rに葵ステークス(G3)がありました。

結果ですが、1着ウインマーベル2着コムストックロード3着ブレスレスリーとなりました。

予想は△消▲でして、◎コラリンの複勝を中心に勝負しておりましたので、馬券は外しました。コラリンは出遅れ癖のある馬ではありますが、今回も出遅れてしまいましたし、骨折休養明けというのも響いたように思えます。勝ったウインマーベルは橘Sも勝利していますし、今後のスプリントG1戦線などでも活躍しそうですね。

単勝 7 460円、馬連6-7 6,010円、 馬単 7→6 9,410円、 3連複 6-7-13 11,620円、 3連単 7→6→13 67,480円。

購入した勝負レース

5/28のレースと纏めて、5/30の記事でご紹介したいと思います。今日の勝負レースは7戦2勝で回収率54%と不甲斐ない結果でした。明日はダービーDAYですし、運も味方に付けられたらいいな、と思います。

次回に続く・・・