1番人気馬勝負案を捨ててみる!

1番人気馬勝負案を捨ててみる

はじめに

これまでの勝負レースにつきましては、基本的に1番人気馬の場合について勝負してきましたが、わりとよく分からない馬が1番人気になったりして、勝負したいレースが買えないという問題がありました。

また、当日のパドックの様子や馬体重、低すぎるオッズなどを見て、1番人気ではあるが、あまり勝負したくないという場合においても、とりあえず勝負してきましたので、結構ロスがありました。この買い方の弱点は融通が利かないことだと悟りました。(強そうな1番人気馬は他馬にマークされることも多いので、意外と勝ち切るのが難しかったりするんですよね…)

そこで、一部方針を変えて試してみようと思いました。

現行の勝負レースへの購入条件

現行は下記のように記述しておりまして、当日1番人気に該当した場合に勝負を行っています。

馬番 / 騎手単回率 / 適正 / 1番人気の可能性

(例) 新潟1R 2番 / M.デムーロ140% / C / 低

この場合は新潟1R2番M.デムーロ騎手騎乗の馬が1番人気になった場合C(通常の1.2倍)の金額で単勝馬券を購入するということとなります。ただし、1番人気になる可能性は低いと予想している、という意味となります。ちなみに適正とは筆者が出走する馬場・距離・コースに合う度合いを独自に表したものでして、1番人気(必須条件)+得意騎手(必須条件)+適正で購入金額に強弱を付けて単勝馬券を購入することにしています。適正A:単勝3倍、B:単勝2倍、C:単勝1.2倍、D:単勝1倍、E:買わない、の購入金額となります。詳しくは基本方針を参照願います。

試行案

思い切って、1番人気の概念を捨てて勝負してみようと思います。

馬番 / 騎手単回率 / 適正 / 勝負度合い

一番右側の「勝負度合い」のみ、変えてみます。これは該当レースであり、かつ筆者が該当馬に対し、勝負したいと思っている度合いを示すものとなります。高、中、低の3段階で表現しようと思っています。

試行案

①高:かなり勝負したい馬。当日のパドックや馬体重などにもよるが、人気関係無く単勝勝負をしようと考えている。

②中:そこそこ勝負したい馬。 当日のパドックや馬体重、オッズなどを見て、良さそうであれば単勝勝負の候補と考えている。

③低:もしかしたら勝負するかもしれない馬。 いちおう候補。

ちょっと抽象的な表現で申し訳ございませんが、イメージとしましては、高:70%、中:25%、低5%ぐらいの割合で勝負するといった感じになると思います。

この案の場合、該当馬が1番人気馬では無くても勝負することになりますが、これまでは勝負度合いが低未満の馬も、とりあえず載せていましたので、勝負候補のレースはだいぶ絞られることになると思います。

少し怖いですが、とりあえず今週の土日のレースは、この買い方を試してみようと思います。ダメそうでしたら、これまでの1番人気馬作戦に戻すつもりです。

次回に続く・・・