単勝馬券勝負日記 2021/12/27

メイン重賞について

明日は中山ではホープフルステークス(G1)があります。泣いても笑っても今年最後の中央競馬のレースのG1戦。笑って年を越すことが出来るかどうかを左右する、絶対に負けられない一戦です。

ホープフルステークス (G1) の予想

◎キラーアビリティで考えています。前走の萩Sでは終始かかりっぱなしで早めに先頭に立ってしまったばっかりにダノンスコーピオンに差された感じがありました。そのダノンスコーピオンも朝日杯FSでは3着に検討しているところを見ますと、この馬の力は証明された感じもあります。何より未勝利戦のパフォーマンスが圧倒的であり、まだまだ本領発揮していないようで魅力があります。本レースはコマンドライン以外はそれほど強い相手もいない気がしますので、期待も込めて、こちらを本命にしたいと思っております。

○コマンドラインが対抗評価でやむ無しと考えています。これほどの素質馬が遠征も無く直前でも早い調教ができる点は、やはり有利です。早くからルメール騎手を確保できている点も、この馬が高く評価されていて期待されていることが分かります。デビューから2戦ともマイル戦を使われており、距離が伸びる今回がプラスに働く距離なのかは未知ですので、こちらを対抗候補で考えています。

▲ラーグルフ、△ボーンディスウェイ、☆サトノヘリオス、注オニャンコポン、フィデルの順で考えております。中山2000mで善戦しているグランドラインが一つの目安になると思いますが、こちらに勝利している▲△が上位と見ています。サトノヘリオスは近2戦をレコード勝利しており、クロフネのような能力の高そうな馬だと思いますが、中1週で関東遠征というのが、ちょっと厳しいと思い、5番手まで評価を下げています。

馬券の買い目は◎の単勝、◎→○→印の馬への3連単で勝負しようと考えておりますが、2歳馬ですので、当日のパドックのテンションなども気にしながら、買い目を検討したいと思います。

12/28 (火) のレースについて

明日は以下のレースで勝負しようと考えています。1番人気になった場合は単勝馬券を購入したいと思っています。

表記の意味は、「基本方針」をご参照願います。

12/28の勝負レース

<馬番 / 騎手単回率 / 適正 / 1番人気の可能性>

・中山1R 6番/三浦皇成106%/D/低

     10番/小林脩斗265%/C/低

     13番/原優介153%/D/低

・中山8R 16番/永野猛蔵162%/D/低

・中山10R 14番/原優介153%/D/

・阪神2R 1番/幸英明200%/A/低

     2番/古川吉洋140%/C/低

・阪神6R 12番/池添謙一235%/D/

・阪神8R 10番/吉田隼人118%/D/低

     12番/松山弘平124%/C/低

・阪神9R 2番/松山弘平124%/D/低

     6番/水口優也140%/D/低

・阪神10R 9番/坂井瑠星330%/A/中

阪神2Rの1番ダテボレアスですが、前走は阪神芝1200mでクビ差の惜しい2着でありました。実は新馬戦の頃から気にしているダノンアーリーが一番距離が合いそうな1200mに出てくるので心配ではありますが、逃げ切れそうな気がしています。当日のパドックでダノンアーリーが調子が良さそうでしたら、2頭の馬連での勝負も考えたいと思っています。

阪神10Rの9番キングオブドラゴンですが、使い詰めで良くなる馬と思っていますので、ほぼ連闘となってしまいますが、問題無いとは思います。相手は同型のエールブラーヴ、コース適正が高そうなダノンドリーマーあたりと思いますが、当日の状態次第では単勝か馬連などで勝負したいと思っています。

上記の2レースは1番人気にならなかったとしても、単勝勝負を検討したいと思います。

その他の気になるレース

・阪神11R ベテルギウスS ショウナンナデシコ

前走はオープン戦で勝ち鞍のあるグレートタイムを退けてのオープン戦勝利であり、今回も同じ阪神コースとなりますので、他馬と比較しても、ここでは優勢と思えます。当日は1番人気になるかもしれませんが、オッズ次第では単勝での勝負を考えています。

・阪神12R ファイナルS(3勝C) カワキタフウジン

今年最後のレースとなりますので、潔く勝って締めくくりたいところです。どの馬が勝利してもおかしくない今の阪神の短距離馬場ですが、この馬の外からの末脚の一発に期待しています。気持ちの良い勝利を期待しています。

2年ぶりの競馬場観戦、馬券も当てて全力で楽しみたいと思います!

次回に続く・・・