今年の阪神JFは混戦!?

2歳重賞戦の予想は難しい!

皆さんは2歳重賞戦をどのような切り口で予想しているのでしょうか?

筆者は2歳重賞戦の予想がとても苦手です。なぜなら各馬の出走レース経験数が少なすぎて、各馬の能力や距離・コース適正があまり分からないからです。特に最近はG1戦前までに有力馬同志の直接対決が少ないように思えますので、ますます力関係が分からず、予想に大変困っています。

ただし、あまり注目の浴びていない人気薄の馬が台頭してくる可能性もありますので、大きな配当が出る可能性が高いG1は、今週の阪神JFあるいは来週の朝日杯FSなのかな、と筆者は思っています。

阪神JFの有力馬

巷では今年の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) はウォーターナビレラステルナティーアサークルオブライフナミュールベルクレスタあたりが有力と言われています。

ウォーターナビレラは3戦3勝の実績を持つ、前走ファンタジーS(G3)の勝ち馬です。新馬戦、1勝クラス戦の2戦はスローペースを前めで競馬をする形でしたが、2戦目は上がり3F33.6秒で押し切っています。3戦目のファンタジーSはミドルペースを2番手で追走する形でのレースでしたが、直線でも小倉2歳Sの勝ち馬ナムラクレア相手に追いつかせない脚を使い、余裕が有りそうな勝利でした。この3戦は1400~1600mを走っていますので、ややスプリントよりの適正の馬かと思いますが、当日は1番人気になりそうな馬です。

ステルナティーアは2戦1勝の実績を持つ、前走サウジアラビアRC(G3)の2着馬です。初戦は新潟ですが、上がり3F32.7秒での勝利です。2戦目のサウジアラビアRCは2着に負けたとはいえ、勝ち馬は2歳牡馬の有力馬の1頭コマンドラインですので、負けて強しの馬ではあります。2戦とも早い上がりは見せていますが、スローペースしか経験しておらず、G1戦でタフな流れになったときに力を発揮出来るかがカギとなると思います。

サークルオブライフは3戦2勝の実績を持つ、前走アルテミスS(G3)の勝ち馬です。新馬戦は3着に負けてしまいましたが、初戦は軽めの仕上げで有名な国枝厩舎である点と、勝ち馬は2歳牡馬の筆頭候補と名高いイクイノックスなだけに、仕方の無い負けと思います。2戦目の未勝利戦は早い流れを3~4角で早めに捲っての勝利、前走のアルテミスSは上がり3F33.5秒での勝利であり、レースごとに力を付けている感じがあります。実は筆者は、この馬を本命候補に考えています。

ナミュールは2戦2勝の実績を持つ、前走赤松賞(1勝クラス)の勝ち馬です。新馬戦はスローペースとはいえ、上がり3F33.3秒での勝利、2戦目の赤松賞は33.0秒での勝利となります。ステルナティーア同様、スローの上がり勝負しか経験していないとはいえ、能力の底を見せていない未知の魅力があります。また、クラシックの登竜門のようなレースである赤松賞を勝利しているところも魅力的です。

ベルクレスタは3戦1勝の実績を持つ、前走アルテミスS(G3)の2着馬です。新馬戦は2着に負けてしまいましたが、勝ち馬は来週の朝日杯FSの最有力候補の1頭であるセリフォスです。2戦目は2着馬をノーステッキで3 1/2馬身突き放す圧勝、3戦目は勝ち馬とタイム差無しの2着でした。前走は負けたとはいえ、レースごとに着実に力を付けてきている感じがあります。

サークルオブライフを本命候補に考えている理由としましては、阪神JFは中山コースのようなタフな流れと東京コースのような早く長く使える末脚を併せ持つ適正が必要と思っており、両方のコースに勝ち星の有るこの馬が軸馬としては無難そうと考えています。また、レースの1着馬は、やはりこの5頭のうちのどれかだと思っていますが、2,3着はレース展開次第では他の馬にもチャンスが有りそうと思っています。ただし、2歳重賞予想が特に苦手な筆者なだけに、週末までよく考えて予想したいと思います。

当日は馬券を当てられるよう、頑張りたいと思います!

次回に続く・・・