3歳馬最強世代の思い出

3歳馬最強世代の思い出

今年の3歳馬世代は強い!

筆者のみならず、そう思っている人は少なからずいるかと思われます。筆者が若い頃、似たような世代が存在している年がありました。それはジャングルポケット世代の2001年の年です。

4戦4勝で皐月賞を勝利して引退したアグネスタキオンを筆頭に、ジャパンカップで当時の現役最強馬テイエムオペラオーを3歳馬として撃破したダービー馬ジャングルポケット、同じく有馬記念でテイエムオペラオーを3歳馬として撃破したマンハッタンカフェがおりました。また、ダート界では武蔵野Sとジャパンカップダート(現チャンピョンズカップ)をあり得ないレコードタイムで勝利したクロフネもいました。

当時の年末の2歳戦のラジオたんぱ杯3歳S(現在のホープフルSのような毎年、好メンバーが出走していた阪神芝2000mのG3戦)のアグネスタキオン(1戦1勝 ダービー馬アグネスフライトの弟)、ジャングルポケット(2戦2勝 札幌3歳Sの勝ち馬)、クロフネ(3戦2勝 2戦連続レコード勝利した大物)の直接対決は、今でも映像を見ると、当時を思い出してワクワクしてしまいます。

他にも4戦4勝でスプリングSを勝利して皐月賞に向かおうとしたアグネスゴールド(故障で出走叶わず)や、札幌記念でダービー馬ジャングルポケットを降した夏の上がり馬エアエミネム、皐月賞とダービーが2着で宝塚記念を制したダンツフレーム、遅咲きのツルマルボーイなどもいました。

この世代はタキオン、ジャンポケ、クロフネ、マンカフェと3歳で古馬G1級を撃破できるぐらい強かった世代というだけでなく、種牡馬としても活躍する輝かしい世代であったと筆者は思っています。

他にも1998年のスペシャルウィーク世代、2004年のキングカメハメハ世代、2007年のウオッカ世代などが筆者は好きな世代となりますが、3歳馬として強かった世代はジャンポケ世代だと思っています。そして今年はこの世代と少し似ていると思います。

・アグネスタキオン = さすがに不在

・マンハッタンカフェ = エフフォーリア(もしかしたらタキオン級かも)

・ジャングルポケット = シャフリヤール(JC勝つようであれば…)

・クロフネ = ソダシ(妄想が過ぎるかも…)

と、かなり無理もあるかもしれませんが、古馬に通用している今年の3歳世代は今後も注目したいです。

JCは新旧ダービー馬の決着?

巷では今年のジャパンカップ(G1) は3冠馬コントレイル、今年のダービー馬のシャフリヤールの2強と言われているようです。

週末の府中の天気は良さそうですし、東京2400mのコース適正も考えますと、やはりこの2頭の決着となりそうなのは容易に想像が出来ます。ちなみに現時点での筆者の本命はコントレイルですが、冒頭でも紹介致しましたとおり、今年の3歳馬のレベルを考えますと、シャフリヤールの勝利もあるかもしれないと思ってはいます。

先週のマイルCSは3連単で勝負しようとしましたが、内側の芝の痛み具合から内枠の馬シュネルマイスターを信じることができず、グランアレグリアの単勝1点勝負でいってしまいました。今週こそは3連単で勝負してみたい気持ちはありますが、カレンブーケドールの回避も決まり、3番手候補の予想は極めて難しい状況になりました。

面白そうな穴馬がいないかと思い、いろいろ調べていますが、最終的に見つけることができるのか? はたまたオーソリティに逃げてしまうのか? それは今週の土曜の記事をお楽しみということで、よろしくお願いします^^;

次回に続く・・・