馬券の買い方を変更します!

はじめに

このブログを始めて早3ヵ月が経ちましたが、最近はメイン重賞、勝負レース共に戦績が悪く、どうしたものか、と思っています。

特に秋の重賞レースのうち、どれかは馬券を当てられると思っていたのですが、どれも当てることができず、結構ショックです。このままでは秋のG1戦線に臨むことができないと思い、馬券購入の方針を変えたいと思いました。

メイン重賞レース

筆者の場合、大体は本命◎軸の3連複、3連単を中心に馬券を購入していますが、◎は3着以内によく来てくれるのですが、ヒモの2頭がなぜか全く当たっていません。8月より重賞レースの予想を載せ始めましたが、3連複 or 3連単が当たったレースは20レース中 0レースでした。(単勝や馬連などは当たっているレースはありますが…)

ところが、◎の単勝、複勝の馬券を購入していた場合、実はそんなに悪くない結果になっていました。

  • 単勝 的中率 30% 回収率122%
  • 複勝 的中率65% 回収率105%

「だったら単勝、複勝で勝負すれば良いのでは?」という結論になってしまうのですが、ヒモを当てるというトレーニングもしていかないと、いつかは単勝・複勝も勝てなくなってくる。競馬予想とは、そういうものだという考えがあります。しかし、現状はヒモを2頭当てるという壁が乗り越えられない状況にあります。

そこで考えましたが、しばらくは以下のように馬券を購入したいと思います。

購入馬券と競馬予想について

①◎本命馬の単勝馬券と複勝馬券を購入する。

②◎本命馬を軸に3頭に流すワイド馬券を安く買う。この3頭はトリガミにならないような馬を選ぶことにする。

③予想は○対抗馬も◎本命馬のサブ候補として予想しておく。これにヒモに流す3頭(▲△☆)の計5頭体制で前日の予想とさせていただく。

なぜワイド? と思うかと思いますが、実はワイドと3連複や3連単は近い券種である、と筆者は考えています。(理由は近いうちに説明させていただきたいと思います。) やはり、 3連複や3連単も狙っていきたいので、そのトレーニングとして、しばらくはワイド馬券を購入したいと思います。

なんとか大きめな当たりを狙おうと3連複・3連単を中心とした予想をしていく努力をしてきましたが、一番ダメなのは当てられないことだと思います。筆者の実力不足なところがあり、大変申し訳ございませんが、しばらく単複とワイドで勉強させていただきたいと思います。

勝負レースについて

勝負レースにつきましても、最近は単勝回収率が90%程度となってしまい、不振が続いています。

8/28より、該当馬の距離・コースの適正を考えて金額に強弱を付けて単勝馬券を買い始めたのですが、残念ながら上手いこと機能できていませんでした。

  • 単勝 的中率 29% 回収率 71%
  • 複勝 的中率 65% 回収率 (集計省略)

重賞レースの的中率と近い数字ではありますが、実は芝・ダートレースの近1年での1番人気馬の成績自体が、勝率33%、複勝率64%であるので、良い数字という訳ではありません。しかも、こちらは1番人気馬を単勝馬券を購入している分、重賞レースよりも回収率は低めになってしまっています。そこで、今後の馬券購入方針は以下としたいと思います。

出走馬の距離・コース適正と単勝馬券の購入額

・A:4倍 ⇒ 単勝を3倍

・B:3倍 ⇒ 単勝を2倍

・C:2倍 ⇒ 単勝を1倍

・D:1倍 ⇒ 複勝を1倍

・E:0.5倍 ⇒ 買わない

ここで重要なのは、やみくもに購入するのでは無く、適正の低い馬の単勝馬券は買わないという点となります。もはや騎手買いの領域を超えてしまっている感も否めませんが、「馬の適正を活かすのには騎手の技量も重要!」という考えは成り立つと思いました。 こちらも大変申し訳ございませんが、 購入方針を変えさせていただきたいと思います。

以上、上記2点の馬券購入方針を変更したいと思いますが、今後も温かく見守って頂けましたら幸いです。

今週のスプリンターズSについて

いよいよ今年もスプリンターズSがやってきます。ちなみに現時点での本命馬◎と考えていますのはダノンスマッシュです。この馬が能力と距離・コース適正からの総合力はNo.1だと思っています。ただし、台風も近づいてきており、レース当日の馬場がどうなっているのか分かりませんので、土曜日の段階での予想は変わっているかもしれません。そちらも楽しみにしていただけましたら幸いです。

ちなみに明日は船橋競馬場で日本テレビ杯(Jpn2)がありますが、クリソベリルが復活しますね。ここはさすがに◎クリソベリル1着固定からの3連単で挑みたいと思っています。

次回に続く・・・