単勝馬券勝負日記 2021/7/31

7/31 (土)について

本日は仕事で馬券を購入することができず、本当に申し訳ございませんでした。

函館9R 3歳上1勝クラス 芝2,600m戦に新馬戦でディープモンスターと戦ったアルバーシャが出走していましたが、見事勝利しました。アルバーシャは未勝利戦を卒業するのに時間がかかってしまいましたので、春のクラシック戦線には縁が無かったのですが、距離を伸ばして活路を見出した感がありますので、菊花賞で再びディープモンスターとの勝負が見たいと思います。まあ、ディープモンスターも今のままでは出走できるか分からないところはありますが・・・

アルバーシャ (牡3歳)

父アドマイヤムーン

母ポップアイコン (父ダイワメジャー)

岡田稲男厩舎、ダーレー・ジャパン・ファーム

10戦2勝、2着4回

8/1 (日)について

クイーンS (G3)について

今年のクイーンSは何と言っても、函館競馬場で行うことが大きなポイントの1つと思います。函館競馬場は開催5週目に入りましたものの、やはり、小回り+直線の短い競馬場ですので、ラスト1Fの早い馬か捲り性能の高い馬では無いと、勝ち切るのは容易では無いと思います。

1番人気は実績的に考えますと、前走ヴィクトリアマイル(G1) 3着のマジックキャッスルと思われます。2番人気は前走 福島記念(G3) 2着のドナアトラエンテになるかと思います。

筆者の予想では、この2頭の1着は厳しいと考えています。マジックキャッスルは戸崎騎手、ドナアトラエンテは川田騎手が騎乗しますが、今年、この2人はほとんど函館競馬場で騎乗していませんので、今の函館競馬場の特徴を掴み切れているかについては不安が残ります。さらに、マジックキャッスルは広くて直線の長い競馬場の方がパフォーマンスを発揮する馬と思います。ドナアトラエンテもどちらかと言えば、マジックキャッスルに近いタイプと思われます。

本命はルメール騎手騎乗のテルツェット、穴は横山武史騎手騎乗のイカットと考えています。ルメール騎手と横山武史騎手は函館競馬場で乗り続けていますので、特徴を熟知していると思われます。テルツェットはダービー卿CT (G3) を勝利していますが、ハイペースの展開の中山マイルを外から差し切れるところも、今の函館競馬場に合ってそうで良いと思います。イカットは函館で良績な点と、人気薄の横山武史騎手が何と言っても、不気味です。

その他のレースについて

いつも通り、騎手の得意条件で1番人気になっている馬の単勝馬券を購入しようと思っております。

(詳細はこちらをご参照下さい。)

8/1の勝負レース

・函館1R 2歳未勝利戦 ダート1,000m 1番ヒルノショパン 古川吉洋騎手

・函館2R 3歳未勝利戦 ダート1,700m 6番マックスウォリアー 藤岡佑介騎手

・函館9R 3歳上1勝 芝1,200m 7番タマモダイジョッキ 武豊騎手

・新潟9R 3歳上1勝 芝2,000m 7番アンドヴァラナウト 福永祐一騎手

特に、函館1Rの古川吉洋騎手は、あまり筆者と相性が良くないですが、今度こそ悲願の勝利をお願いします(>人<)!

あと、昨シーズンのPOGの最有力候補であったアークライトが函館6R 芝1,200mに出走します。筆者もPOG指名しておりましたが、これほどの馬が未勝利であることが不思議です。しかし、距離短縮して勝ちに近づいてきていますので、今度こそは確勝と思います。期待して待ちたいと思います。

次回に続く・・・