単勝馬券勝負日記 2021/7/18

7/18 (日) の結果

7/18 (日) の結果

本日も、各騎手が得意であろう条件となります

得意な条件 = ①競馬場 ✕ ②距離 ✕ ③馬場 ✕ ④クラス

をクリアしていて、1番人気を背負った馬に乗っているレースに対し、単勝1点買いを行いました。該当レースは以下となっていました。

・函館1R 2歳未勝利 芝1,200m 10番ジョーブリッランテ 3.4倍 ✕4着

・函館3R 3歳未勝利 ダート1,000m 3番スイートカルデア 3.6倍 〇1着 

・小倉3R 3歳未勝利 ダート1,000m 3番ミスズフィーリング 3.0倍 ✕9着

・小倉6R 3歳未勝利 芝1,200m 3番メイショウイジゲン 3.0倍 ✕3着

・小倉8R 3歳上1勝 芝1,200m 1番ジュストコル 3.1倍 ✕10着

うーん、またもや5戦1的中でして、回収率72%という結果でした。4/25からの総回収率も、ついに100%⇒99%に下がってしまい、残念ですが100%を切ってしまいましたTT

ただし、芝1,800mの2歳新馬戦は2レース的中でして、新たな兆しが見えたような気がしています。

芝1,800mは新馬戦は1番人気馬が強い

先週もブログで紹介させていただきましたが、芝1,800mの新馬戦は、何故か1番人気馬が強い印象があります。

本日も福島5Rと函館5Rで1,800mがありましたが、

・函館5R 2歳新馬 芝1,800m 7番リューベック 1.4倍 〇1着 

・福島5R 2歳新馬 芝1,800m 6番ミッキーブンブン 3.1倍 〇1着 

と共に勝利しておりました。そこで、もう少し深堀すべく、過去10年間の1番人気馬の単勝回収率を調べてみました。

実は2011年は単勝回収率は80%も無かったのですが、年々上昇していき、今年は先週までで134%と好成績であることが分かりました(グラフの赤線が単勝回収率の平均線となります)。逆に複勝回収率は100%以上の回収率の年もありますが、平均しますと100%に届かない回収率となります(青の点線が複勝回収率の平均線となります)。今年は2歳戦の単勝馬券は払戻金5%プラス(JRAプレミアム)もございますので、その影響もあるかもしれませんが、それにしても高い回収率です。

これまで軽く考えておりましたが、この傾向はなかなか興味深く、本ブログの趣旨(単勝馬券で回収率100%以上を目指す)とも合致しておりますので、来週より、芝1,800mの2歳新馬戦も狙っていこうと思います。

次回に続く・・・