芝⇒ダート替わりを狙ってみる

はじめに

前回の記事で突如現れました 芝⇒初ダート替わり の人気馬の単勝馬券を狙うことにつきまして、補足説明したいと思います。

前回の記事「方針変え検討」はこちらをどうぞ

芝⇒初ダート替わりとは?

今まで芝コースしか走ってこなかった馬が、初めてダートコースに出走する場合を言います。筆者の勝手なイメージではゴールドアリュール産駒のダート替わりは問答無用で走れる、クロフネ産駒、ミスプロ系、ロベルト系なども相性が良い、という程度のイメージでしたが、最近ではディープインパクト産駒などの芝のイメージが強い馬でもちょくちょく勝っているイメージであります。

今年はデビュー前は期待の高かったにも関わらず、芝コースで勝てずにいた馬がダートを出走し、見事に未勝利を脱出した馬達をちらほら見かけます。

  • トレデマンド
  • アルマドラード
  • マンインザミラー、など

昨年度のPOG最有力候補の1頭で、多くの人に期待されていたにも関わらず、なかなか勝てずにいるアークライトも次走はダートに出走しそうな気配を見せています。

メリットとデメリット

初ダート出走のメリット、デメリットは以下のことが考えられます。

〇メリット

・未知の魅力がある。芝コースで人気していた時よりも少しオッズが高くなりやすい。

・芝レースよりも相手関係が楽になることがある。

・人気馬でも他馬にマークされづらい気がする。

〇デメリット

・ダートコースでの実力が読めない。

・芝には無い、砂かぶりの影響を受ける可能性がある。

もちろん他にもメリット・デメリットは多くあると思います。

芝⇒ダート初替わりを狙う

初ダート出走馬で1~2番人気馬の実績

近3年間での、芝⇒初ダート出走馬で1~2番人気馬について、前走の人気別での戦績は以下となります。

大きな点としましては、中央とローカル競馬場で単勝回収率が大きく変わり、ローカルでは前走1~3番人気馬だった馬が単勝回収率100%を超えています。また、前走10番人気以下だった馬は中央、ローカル共に単勝回収率100% を超えています。

つまり、もともと芝コースで人気はするが勝てない素質馬が、ダートコースではわりと勝てるチャンスがあるということだと思います。しかし、中央ダートコースは敷居が高く、ローカルダートコースで結果が出ているようです。

馬券購入の方針

初ダート出走馬で1~2番人気馬だった場合、次の条件の場合は単勝馬券を購入したいと思います。

単勝馬券購入の条件

①ローカル競馬場での出走で、前走の芝コースで1~3番人気であった馬

②前走10番人気以下なのに、1~2番人気になっている馬

特に、①の方は少し信頼できそうな気がしていますので、金額を上げて購入することも考えてみたいと思っております。

この馬券購入戦略は半信半疑なところはありますが、回収率プラスの方向に上手く作用してくれたらいいな、と期待して狙っていきたいと思います。また、今回は競馬場と人気で条件を設定しましたが、他にも良い条件があるかもしれませんので、引き続き模索していきたいと思います。